75%読込完了

SSD、HDD、SDカードなどデジタルものをいろいろ買って試してみます。

【予算1500円】ノートパソコン冷却台を購入!!効果抜群でCPU温度5℃低下

 中古で買ったLet'snote NX2が2019年夏の暑さで爆熱。エアコン効いた部屋で使えると一番いいわけですが、少しでも熱対策ができる方法でノートパソコン用の冷却台を購入しました。

爆熱の原因はCPUで落ちました!!

 気温が30度を超えてくると、そろそろパソコンには厳しい時期です。動画のエンコーディングやデジカメ写真の一括展開などをしない限りは特に問題なく使えるのですが、それでも手元が熱くなってくると気になります。

 最近はYouTubeで作業用BGMを聞きながら作業することも多いので、CPUに負荷がかかることが多くなっていました。それに気づかず、いつもどおりに画像のフィルタをかけていたら、プツンと画面が真っ黒に。

 あ、落ちた。と思った時には、既に真っ黒。ノートパソコンのCPUあたりが爆熱になっていました。こうなると一度冷ましてから、起動させるしかありません。元のデータはどこへやら。すでに消えてしまいました。

 エアコンを入れて、扇風機で風をあてて、オーバーヒートしてしまったノートパソコンを冷ましていきます。この時に急激に冷やすと内部で結露してしまうので、空冷で。

 これはヤバいと、楽天市場で格安のノートパソコン冷却台を購入しました。

CPU温度はアイドル時で室温+20℃

 楽天から届くまでは、負荷をかけないように、パソコンを使いました。今使っているのは、中古のレッツノートのNX2。ブログを書いたりするぐらいしか使わないので、ネット用として購入。

 一応写真などをいじることはありますが、この時期は爆熱傾向が強いです。もともとノートパソコンは排熱がよくないので、どのメーカーのノートパソコンも熱くなる傾向が強いと思います。

 レッツノートのCPUは、起動して動作が安定してCPUがほぼ0%の使用率の時に45~49度。室温28度なら+20度ぐらいが目安。

 昔つかっていた、DELLのノートパソコンもアイドル時は40度台後半だったので、ノートパソコンはこれぐらいの温度が一般的。

 これが一度でも負荷をかけてしまうと、一気に60度から70度まで上昇します。YouTubeの動画を見たりするなら、これはCPU使用率も跳ね上がって約40%台を行ったり来たりすることになるので、こうなるとCPU温度は60度台後半で推移することになります。

 夏場の暑い時期は、できるだけエアコンの効いた涼しい空間で作業するほうがノートパソコンにも人間にも良いはずです。

ノートパソコン冷却台を1150円で購入

 楽天からは翌日に届きました。購入したのは、コレ。

 普通のノートパソコンが乗るサイズ。今使っているレッツノートがB5サイズなので、冷却台にちょうど収まる感じ。電源は、USBから。

 音がうるさそうなので、静音タイプを選びましたが、冷却機能を重視するならファンの回転数が高いものを。多少うるさくても、冷却性能には替えられません。

 冷却性能=ファンの回転数なので、これは自作パソコン派ならよくご存知かもしれません。オフィスや自分に部屋で静かに使いたいなら、静音派で十分ですが、これでもCPU温度が5度ぐらいは下がりますので、安いもので十分なので購入することをおすすめします。

 いきなり落ちてデータが飛んでからでは遅いので。

CPU温度5℃低下のグラフ

 早速使ってみました。自宅でのネット用パソコンなので、Linuxメインでの運用で使っています。Windowsは、文章を書いたりしたいだけなのにいろいろとバックグラウンドで動いて重くなったりしがちなので。

 CPU温度を計測するPsensorsというソフトがあったので入れてみたのですが、どうもLinuxmintと相性が悪いのか、画面キャプチャができず、データを控えてグラフ化してみました。

 冷却台のUSBを抜いたままノートパソコンを使うと、65~69度のCPU温度になっていることが多かったのですが、冷却台を使い始めるとジワジワ温度が低下。

 60度以下になることもありましたが、ほぼ5℃ぐらいはCPU温度が下がっていました。CPU使用率が一定になるように、YouTubeの動画をのんびり見ながらの計測でしたので、他のソフトは一切動かしていません。

 温度が30℃以上になる屋外で使用するのは、今の所予定がないのですが、夏場の車中泊には、こうしたパソコンの冷却台があったほうがいいかもしれません。

気になる方は早めに購入して対策を

 夏場の暑さでパソコンが爆熱になってしまうと、いきなり落ちます。先日落ちたのは、CPU温度がどうも90℃以上になってしまったようで、画像編集でフィルタを掛けたぐらいでも、室温が高いと落ちてしまうこともあるようです。

 確かCPUは95℃か100℃ぐらいまでは大丈夫だったと、昔自作でPentium4の爆熱の記憶があるのですが、最近はそれよりも低いのかもしれませんね。

 もし、ノートパソコンを使っている方で、パソコンが熱いかも?と思った方は、念の為冷却台を購入してみることをおすすめします。予算1500円から2000円でいろいろタイプがありますので、選ぶ際は静かさ重視で選んでみると良いかもしれません。

 今回購入したのは、静音タイプで探してみたものなのですが、音はすごく静かです。無音とはいきませんが、ノートパソコンの下でなにか動いているなとわかるぐらいで、静かな部屋でも気になりません。これは音を気にする方でもおすすめです。

もし、ノートパソコンの排熱がイマイチでパソコンが熱いなと感じたら、早めに冷却台の購入を。